女性ホルモンサプリ

ベルタプエラリア 
通常価格:14960円
価格:6980円
通常送料無料
ピンキープラス 


通常価格:5980円
価格:2980円
通常送料無料
LUNA掘り出しバザール


通常価格:8980円
価格:1980円
通常送料無料

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンのことをいいます

このホルモンは卵巣から分泌されています

そして卵巣にホルモンを出すように命令するのが脳の視床下部です

視床下部はその下にある下垂体というところに命令を出してホルモンを分泌します

すると下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌します

この性腺刺激ホルモンには黄体化ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)という2つのホルモンがあり

これが卵巣に働きエストロゲンとプロゲステロンを分泌させます

脳の視床下部

下垂体

卵胞刺激ホルモン

卵巣

エストロゲン

プロゲステロン

このホルモンの流れにはフィードバック機能がありエストロゲンとプロゲステロンの分泌量を脳が監視して

ホルモンがたくさん出ていれば指令を減らしホルモンが出ていないと

もっと出すように指令を送りホルモンの量を調節しています

2つの女性ホルモン

卵巣から分泌される女性ホルモンプロゲステロンは妊娠のホルモンです

子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に整え妊娠した後も妊娠を継続する力や

体温を上げる働きをもっています

一般的にはプロゲステロンはエストロゲンと逆の働きを持っています

もう1つの女性ホルモンエストロゲンの働きは女性らしさを維持するホルモンです

女性らしい体を作り子宮に作用して妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり受精卵の着床を助けます

エストロゲンには自律神経、感情、骨、皮膚、粘膜、間接、筋肉、胃腸、脳の働きにも

エストロゲンが大きな役割があります

女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは脳の視床下部の下垂体で

人の体に大切な甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの内分泌のホルモンをコントロールしています

この視床下部は脳にストレスが加わると視床下部や下垂体が乱れてしまいます

それにより他のホルモン甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンも乱れホルモンのバランスが乱れます

ホルモンの乱れにより全身にさまざまな不調が起こり心や体に影響を与えます

卵巣

卵巣は左右の卵管の下にあり細い靭帯で子宮につながっています

女性が生まれたとき卵巣の中には数十万個のたまごの元があって

思春期になり脳の刺激が始まると卵胞が順番に発育して

成熟卵胞になり毎月1個の卵子を卵巣から排出します

この現象を排卵といいます

排卵までは卵巣内で成長して成熟卵胞になると

卵巣の内側の壁に卵胞がはじけて卵子が外に飛び出します

そして排卵している卵子を受け止るのが卵管の役割です

卵管は子宮の上部から左右に1本ずつ卵巣の近くに伸びている管で

排卵により飛び出した卵子を卵管の先にある卵管采が受け止めます

無事受け止められた卵子は卵管内を通過して子宮まで運ばれます

卵管の途中で膣に入ってきた精子と出会えば受精が起こり受精卵になります

受精卵を出産まで育てるのが子宮の役割です

受精卵が子宮内膜に着床してから出産までの間、胎児を保護して育てます

子宮の大きさは通常は鶏の卵ぐらいの大きさで妊娠すると大きくなり出産前の臨月には

長さ50cm赤ちゃんを包む大きさにまで膨らみます

この排卵、妊娠の過程に女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが大きくかかわります

エストロゲンは受精卵が着床できるような厚さに子宮内膜を整えたり卵子を運ぶ卵管の活動を活発にします

出産時に子宮の筋肉の収縮を起こしたりもします

またプロゲステロンは受精や着床の環境を整え受精卵が着床した後の子宮内膜の状態を

妊娠が継続できるように整え子宮の収縮を抑えて流産を防ぐ働きをします

生理

女性ホルモンは妊娠できる状態を整えるために子宮内膜を少しずつ厚くします

この子宮内膜は妊娠すると受精卵を育てるために使用されます

しかし妊娠しないと厚くなった子宮内膜は必要ないので体外に排出されます

これが生理です

生理はの出血は厚くなった子宮内膜の脱落になります

女性はこれを毎月閉経まで繰り返します

女性の体は女性ホルモンの影響を受けながら一定のリズムで生理を繰り返します

女性ホルモンは常に同じ量が分泌されるわけでなく妊娠可能な状態を毎月作るために

1ヶ月のうちに期間によりホルモンの分泌は劇的に変わります

卵胞期、排卵期、黄体期、生理の期間があります

卵胞期はエストロゲン(卵胞ホルモン)がたくさん分泌される期間です

卵巣の中の原始卵胞が発育して成熟卵胞になります

この成熟卵胞がエストロゲンを分泌して子宮内膜を増殖させます

この卵胞期のエストロゲンの強い時期が1ヶ月のうちで心の状態もよく肌の状態もよい時期です

エストロゲンの分泌が多いと女性は気分も安定してきれいになります

これは生理が終わってから排卵までで1ヶ月のうち8日から10日ぐらいです

その次にくるのが排卵期です

卵巣の中で育った卵が成熟卵胞となり卵胞壁が破れて卵子が飛び出します

この前後の2日から3日ぐらいを排卵期といいます

月経から排卵までの日数は人により体調などで変化します

次は黄体期です

排卵後の卵胞は黄体となりプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌します

特にプロゲステロンの分泌量が多くなり子宮内膜をやわらかくして増殖させ受精卵着床の準備に入ります

体温も上がり高温期に入ります

生理が始まるまでの約12日間が黄体期です

プロゲステロンの強い時期は体調が良くなく人により腹痛、腰痛、頭痛が起きたり

むくみが出たり精神的に不安定になってイライラしたり吹き出物がでます

これらの症状が強くなると月経前症候群になります

黄体期は妊娠に大事な期間で黄体期が終わると生理がきます

この時期を月経と呼びます

妊娠しないと排卵後2週間でプロゲステロンとエストロゲンの分泌は

衰え妊娠に備えて増殖した子宮内膜が剥がれ落ちて生理になり排出されます

生理の時期はプロゲステロンとエストロゲンの分泌は1ヶ月のうちでも最も少なくなります

生理はだいたい5日間持続して生理終了からエストロゲンの強い卵胞期が始まります

1ヶ月で平均28日周期でこの4つの時期を繰り返します

4つの期間は目安で個人により差が大きく卵胞期が短かったり長かったり

生理から次の生理までが短かったり長かったりします

生理の周期は正常範囲で25日から38日が目安です

毎月の排卵その前後で体調が大きく変わります

子宮も卵巣も卵管も女性ホルモンによって大きく変化します

生理から排卵までエストロゲンが強くなり体調がよくお肌も綺麗になる時期になります

排卵後から次の生理までの黄体ホルモンが強い時期は水分がたまったりや血行が悪くなり

腰痛、腹痛、イライラ、肩こり、尿量が減って、むくみ、便秘、肌荒れ、吹き出物と不調が出る時期になります

体の栄養状態によっても脳や女性ホルモンの分泌は影響します

無理なダイエットにより一気に体重を落とすと脳が命の危険を感じ取ります

脳は生命維持を優先してそれ以外の機能はストップしてしまいます

生きるために生殖機能は後回しにして卵巣への指令を抑え排卵も無くなり生理も止まります

生理が乱れるのは女性ホルモンが乱れている証拠です

生理は女性の体と心の状態を表すバロメーターになります

骨盤

女性の骨盤は妊娠して大きくなり子宮を支える役割と

出産時に赤ちゃんの出口を確保する役割から出口が横に広くできています

ブランデーグラスのような形で男性よりも狭くそこが丸いのが女性の骨盤です

その骨盤には直腸、膀胱、尿道などに加えて子宮や卵巣などの臓器までつまっています

骨盤内はたくさん臓器があり女性が下半身の血行が悪くなり冷えやすのはこのようなことからです

さらに血液の流れが悪くなる原因が骨盤底のカーブです

足の欠陥はそけい部から骨盤の底を経由して背中に向かいます

そけい部から骨盤に至るところで骨盤が大きなカーブを描いているために

血管は骨盤の形にそって大きく湾曲していきます

そのために血流が滞り血行が悪くなります

これは骨盤内の臓器にも影響して、むくみ、冷え、下腹部の痛み、圧迫感を感じやすい原因になります

骨盤は1つの大きな塊でなくて骨の縫い目のようなものがあり緩んだり締まったりする骨です

妊娠して子宮が大きくなると骨が緩んで広がるようにできています

骨盤は仙骨、尾骨、腸骨、恥骨、坐骨などからできていてどの骨の間も隙間があってバラバラの状態です

毎月の排卵により骨のつなぎ目が緩んだり締まったりします

そうすると骨盤内はもちろん周辺の筋肉や血液循環にも変化が起こります

子宮は腸骨やそけい部につながっているので子宮の痛みは骨や筋肉に影響します

排卵のときや子宮内膜が増殖しているときに足の付け根がひっぱられるように痛んだり

脇腹がちくちく痛んだりします

女性の体は病気でなくても女性ホルモンの変化により骨盤の変化で痛みを感じやすくできています

女性の体はホルモンの働き骨盤の作り、子宮、卵巣の働きは一連のものです

ストレスで脳のコントロールが乱れると卵巣だけでなく

甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンなどの内分泌ホルモンも乱れてしまいます

ストレスや疲労で女性ホルモンの分泌が乱れ卵巣の働きが低下すると

月経不順、血行、筋肉、関節、自律神経、免疫系に支障がでます

そして冷え、痛み、イライラ、疲れやすい、肌荒れ、風邪をひきやすいなどの様々な体調不良が起こります

女性ホルモンの乱れが体調の悪さや肌の不調、心の不調として表れます

女性ホルモンのバランスを整えることは不調を解消して健康を維持するために大切です