女性ホルモンサプリ

ベルタプエラリア 
通常価格:14960円
価格:6980円
通常送料無料
ピンキープラス 


通常価格:5980円
価格:2980円
通常送料無料
LUNA掘り出しバザール


通常価格:8980円
価格:1980円
通常送料無料

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンのことをいいます

このホルモンは卵巣から分泌されています

そして卵巣にホルモンを出すように命令するのが脳の視床下部です

視床下部はその下にある下垂体というところに命令を出してホルモンを分泌します

すると下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌します

この性腺刺激ホルモンには黄体化ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモン(FSH)という2つのホルモンがあり

これが卵巣に働きエストロゲンとプロゲステロンを分泌させます

脳の視床下部

下垂体

卵胞刺激ホルモン

卵巣

エストロゲン

プロゲステロン

このホルモンの流れにはフィードバック機能がありエストロゲンとプロゲステロンの分泌量を脳が監視して

ホルモンがたくさん出ていれば指令を減らしホルモンが出ていないと

もっと出すように指令を送りホルモンの量を調節しています

2つの女性ホルモン

卵巣から分泌される女性ホルモンプロゲステロンは妊娠のホルモンです

子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に整え妊娠した後も妊娠を継続する力や

体温を上げる働きをもっています

一般的にはプロゲステロンはエストロゲンと逆の働きを持っています

もう1つの女性ホルモンエストロゲンの働きは女性らしさを維持するホルモンです

女性らしい体を作り子宮に作用して妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり受精卵の着床を助けます

エストロゲンには自律神経、感情、骨、皮膚、粘膜、間接、筋肉、胃腸、脳の働きにも

エストロゲンが大きな役割があります

女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは脳の視床下部の下垂体で

人の体に大切な甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの内分泌のホルモンをコントロールしています

この視床下部は脳にストレスが加わると視床下部や下垂体が乱れてしまいます

それにより他のホルモン甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンも乱れホルモンのバランスが乱れます

ホルモンの乱れにより全身にさまざまな不調が起こり心や体に影響を与えます

卵巣

卵巣は左右の卵管の下にあり細い靭帯で子宮につながっています

女性が生まれたとき卵巣の中には数十万個のたまごの元があって

思春期になり脳の刺激が始まると卵胞が順番に発育して

成熟卵胞になり毎月1個の卵子を卵巣から排出します

この現象を排卵といいます

排卵までは卵巣内で成長して成熟卵胞になると

卵巣の内側の壁に卵胞がはじけて卵子が外に飛び出します

そして排卵している卵子を受け止るのが卵管の役割です

卵管は子宮の上部から左右に1本ずつ卵巣の近くに伸びている管で

排卵により飛び出した卵子を卵管の先にある卵管采が受け止めます

無事受け止められた卵子は卵管内を通過して子宮まで運ばれます

卵管の途中で膣に入ってきた精子と出会えば受精が起こり受精卵になります

受精卵を出産まで育てるのが子宮の役割です

受精卵が子宮内膜に着床してから出産までの間、胎児を保護して育てます

子宮の大きさは通常は鶏の卵ぐらいの大きさで妊娠すると大きくなり出産前の臨月には

長さ50cm赤ちゃんを包む大きさにまで膨らみます

この排卵、妊娠の過程に女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが大きくかかわります

エストロゲンは受精卵が着床できるような厚さに子宮内膜を整えたり卵子を運ぶ卵管の活動を活発にします

出産時に子宮の筋肉の収縮を起こしたりもします

またプロゲステロンは受精や着床の環境を整え受精卵が着床した後の子宮内膜の状態を

妊娠が継続できるように整え子宮の収縮を抑えて流産を防ぐ働きをします

生理

女性ホルモンは妊娠できる状態を整えるために子宮内膜を少しずつ厚くします

この子宮内膜は妊娠すると受精卵を育てるために使用されます

しかし妊娠しないと厚くなった子宮内膜は必要ないので体外に排出されます

これが生理です

生理はの出血は厚くなった子宮内膜の脱落になります

女性はこれを毎月閉経まで繰り返します

女性の体は女性ホルモンの影響を受けながら一定のリズムで生理を繰り返します

女性ホルモンは常に同じ量が分泌されるわけでなく妊娠可能な状態を毎月作るために

1ヶ月のうちに期間によりホルモンの分泌は劇的に変わります

卵胞期、排卵期、黄体期、生理の期間があります

卵胞期はエストロゲン(卵胞ホルモン)がたくさん分泌される期間です

卵巣の中の原始卵胞が発育して成熟卵胞になります

この成熟卵胞がエストロゲンを分泌して子宮内膜を増殖させます

この卵胞期のエストロゲンの強い時期が1ヶ月のうちで心の状態もよく肌の状態もよい時期です

エストロゲンの分泌が多いと女性は気分も安定してきれいになります

これは生理が終わってから排卵までで1ヶ月のうち8日から10日ぐらいです

その次にくるのが排卵期です

卵巣の中で育った卵が成熟卵胞となり卵胞壁が破れて卵子が飛び出します

この前後の2日から3日ぐらいを排卵期といいます

月経から排卵までの日数は人により体調などで変化します

次は黄体期です

排卵後の卵胞は黄体となりプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌します

特にプロゲステロンの分泌量が多くなり子宮内膜をやわらかくして増殖させ受精卵着床の準備に入ります

体温も上がり高温期に入ります

生理が始まるまでの約12日間が黄体期です

プロゲステロンの強い時期は体調が良くなく人により腹痛、腰痛、頭痛が起きたり

むくみが出たり精神的に不安定になってイライラしたり吹き出物がでます

これらの症状が強くなると月経前症候群になります

黄体期は妊娠に大事な期間で黄体期が終わると生理がきます

この時期を月経と呼びます

妊娠しないと排卵後2週間でプロゲステロンとエストロゲンの分泌は

衰え妊娠に備えて増殖した子宮内膜が剥がれ落ちて生理になり排出されます

生理の時期はプロゲステロンとエストロゲンの分泌は1ヶ月のうちでも最も少なくなります

生理はだいたい5日間持続して生理終了からエストロゲンの強い卵胞期が始まります

1ヶ月で平均28日周期でこの4つの時期を繰り返します

4つの期間は目安で個人により差が大きく卵胞期が短かったり長かったり

生理から次の生理までが短かったり長かったりします

生理の周期は正常範囲で25日から38日が目安です

毎月の排卵その前後で体調が大きく変わります

子宮も卵巣も卵管も女性ホルモンによって大きく変化します

生理から排卵までエストロゲンが強くなり体調がよくお肌も綺麗になる時期になります

排卵後から次の生理までの黄体ホルモンが強い時期は水分がたまったりや血行が悪くなり

腰痛、腹痛、イライラ、肩こり、尿量が減って、むくみ、便秘、肌荒れ、吹き出物と不調が出る時期になります

体の栄養状態によっても脳や女性ホルモンの分泌は影響します

無理なダイエットにより一気に体重を落とすと脳が命の危険を感じ取ります

脳は生命維持を優先してそれ以外の機能はストップしてしまいます

生きるために生殖機能は後回しにして卵巣への指令を抑え排卵も無くなり生理も止まります

生理が乱れるのは女性ホルモンが乱れている証拠です

生理は女性の体と心の状態を表すバロメーターになります

骨盤

女性の骨盤は妊娠して大きくなり子宮を支える役割と

出産時に赤ちゃんの出口を確保する役割から出口が横に広くできています

ブランデーグラスのような形で男性よりも狭くそこが丸いのが女性の骨盤です

その骨盤には直腸、膀胱、尿道などに加えて子宮や卵巣などの臓器までつまっています

骨盤内はたくさん臓器があり女性が下半身の血行が悪くなり冷えやすのはこのようなことからです

さらに血液の流れが悪くなる原因が骨盤底のカーブです

足の欠陥はそけい部から骨盤の底を経由して背中に向かいます

そけい部から骨盤に至るところで骨盤が大きなカーブを描いているために

血管は骨盤の形にそって大きく湾曲していきます

そのために血流が滞り血行が悪くなります

これは骨盤内の臓器にも影響して、むくみ、冷え、下腹部の痛み、圧迫感を感じやすい原因になります

骨盤は1つの大きな塊でなくて骨の縫い目のようなものがあり緩んだり締まったりする骨です

妊娠して子宮が大きくなると骨が緩んで広がるようにできています

骨盤は仙骨、尾骨、腸骨、恥骨、坐骨などからできていてどの骨の間も隙間があってバラバラの状態です

毎月の排卵により骨のつなぎ目が緩んだり締まったりします

そうすると骨盤内はもちろん周辺の筋肉や血液循環にも変化が起こります

子宮は腸骨やそけい部につながっているので子宮の痛みは骨や筋肉に影響します

排卵のときや子宮内膜が増殖しているときに足の付け根がひっぱられるように痛んだり

脇腹がちくちく痛んだりします

女性の体は病気でなくても女性ホルモンの変化により骨盤の変化で痛みを感じやすくできています

女性の体はホルモンの働き骨盤の作り、子宮、卵巣の働きは一連のものです

ストレスで脳のコントロールが乱れると卵巣だけでなく

甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンなどの内分泌ホルモンも乱れてしまいます

ストレスや疲労で女性ホルモンの分泌が乱れ卵巣の働きが低下すると

月経不順、血行、筋肉、関節、自律神経、免疫系に支障がでます

そして冷え、痛み、イライラ、疲れやすい、肌荒れ、風邪をひきやすいなどの様々な体調不良が起こります

女性ホルモンの乱れが体調の悪さや肌の不調、心の不調として表れます

女性ホルモンのバランスを整えることは不調を解消して健康を維持するために大切です

女性ホルモンと白髪、髪のぱさつき

髪が細くなりコシがなくなりぱさつき昔より髪の量が少なくなった白髪が目立つなど

髪の毛は漢方では血余といい体に栄養がいきわたり最後に余った栄養が髪の毛に回るといわれています

髪の状態がよい人は体の状態もよい人です

髪も皮膚の一部でたんぱく質からできています

栄養不足や貧血だと髪に栄養がいかなくなります

ストレスなどによる女性ホルモンの低下は髪の毛にも影響します

女性ホルモンのバランスが崩れると血行が悪くなり髪の毛も細くなり傷んできます

更年期になり女性ホルモンが急激に減少すると髪の毛の状態も老化に向かいます

白髪は遺伝的な要因もありますが精神的なストレスでも増えます

ほかに基礎疾患があるために増える白髪もあります

髪の量が減るのも女性ホルモンが少なくなると髪を作る

毛母メラノサイトの機能が低下して毛母が消失してしまうからです

良質なたんぱく質

髪に栄養が行くようにするには良質なたんぱく質が必要です

コラーゲンも髪の成分になるので摂取するのがよいでしょう

毛根の血流をよくするために頭部のマッサージも必要です

全身の血行が悪く髪にも十分な栄養が届きません

貧血を改善することも大切になります

血行促進に効くピクノジェール

20代、30代で女性ホルモンのバランスが崩れていることが原因の人はバランスを整えましょう

まずストレスを解消して体調をよくするのが大切です

フランスの海岸の松の樹液から抽出されたピクノジェールは毛細血管を守る抗酸化の作用があります

サプリメントで補給すると頭部の血行促進にも役立ちます

ホホバオイル

毛根の血行がよくなるようにブラッシングや頭皮のマッサージが大切です

ブラシは自然な素材のものでホホバオイル5mgにローズマリーの

アロマオイルを1滴入れれば抜け毛予防のオイルができます

地肌によく擦り込でマッサージをしましょう

シャンプー後は自然乾燥でなくドライヤーで乾かしましょう

生乾きか乾いた状態でヘアオイルや専用のトリートメントを擦り込むと髪に栄養が補給できます

40代から徐々に女性ホルモンが低下していくと髪にも影響します

髪の再生はむずかしくホルモンの活性を高めると髪にもよくて体調全般や若さの維持に役立ちます

南米で精力剤で有名なマカは欧米では更年期対策にも使用されるサプリメントです

ごま、スギナ、わかめ、パセリ

血行をよくする栄養素はビタミンEです

ごまにもたくさん含まれています

また野草茶のスギナはシリカというミネラル成分を豊富に含んでいます

皮膚、骨、髪の毛、爪をしっかりさせる働きがあります

髪によいミネラル成分が多く含まれている海藻をよく食べましょう

緑の濃い野菜はミネラルが豊富でパセリ、クレソン、イラクサなどは髪の肌の不調を助けてくれます

女性ホルモンとだるい、疲れる

卵巣機能が低下して生理不順になったり生理がこなかったりすると

体調が悪くなり冷え、疲れ、うつ症状などが現れます

すぐに疲れる風邪を引きやすいなどの症状が出てきます

その他にも体調による疲れには病気が隠れている場合があります

女性に多い甲状腺の病気、肝臓、腎臓、心臓の病気なども考えられます

卵巣機能は病院で検査ができ貧血、甲状腺機能も血液検査でわかります

その他の病気も考えられるので病院での検査をお勧めします

体の病気でない心の病気ということも考えられます

だるい、すぐに疲れる状態を性格や怠け癖などと考えて体と心にむちを打ってがんばる人もいます

だるい、疲れるなどの症状はうつによるものかもしれません

だるい、疲れるなどは体と心の不調の典型的な例です

卵巣機能の低下によって心の状態も出てきます

体の病気をチェックすることが大事ですが原因がわからない場合心によるものかもしれません

ストレスや原因を見つけて取り除くことが大切です

心療内科や精神科も利用しましょう

体と心を休めて自然にエネルギーがでるまで待ちましょう

卵巣機能を正常に回復させることで体をと心を正常なサイクルに戻せます

卵巣機能回復は女性ホルモンを補充してホルモンの状態を安定させることが大事です

エストロゲン単剤や低容量ピルを処方します

女性ホルモンが安定すると体の状態がよくなり活力が出てきて心の状態も良くなります

自分の卵巣機能が正常かどうかは生理周期でわかります

基礎体温表をつけて基礎体温の動きと生理その日の体調を書き込んでいくと

体調と卵巣機能の関係がわかります

体内に栄養を入れてだるさを解消しようとするより体の浄化を意識するとだるさは解消できます

体内の浄化うまくいかないのは働きすぎ、食べすぎ考えすぎていることが多いときです

臓器の浄化には血をきれいにする肝臓、腎臓によいミ

ルクシスル、うこん、ミネラル豊富なイラクサなどがあります

酸素を体のすみずみまで行き渡らせるのは鉄が大切です

鉄不足はだるさを招きます

鉄、ビタミンCの補給が大切です

エネルギーを燃焼させ余分なものを体内に残さないためにはビタミンが大事です

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、コエンザイムQ10を補給します

体を疲れさせてしまうカフェイン、アルコールはほどほどにしましょう

また血液を酸性化させる甘いもの動物性のも脂肪分の強いものは控えましょう

疲労回復の特効薬はやまいもです

やまかけでだけでなく煮物にしたりお粥味噌汁に入れて食べてもおいしいです

女性ホルモンと不眠

仕事が忙しく疲れがたまりストレスや悩みがあると睡眠の質を低下させます

疲れているときには熟睡して心と体も休めたいのに眠れないとストレスがたまります

疲労、悩みストレスが原因となる不眠はだれにも起こりますが

睡眠のリズムが乱れると生理不順や月経前症候群(PMS)の原因になります

不眠の原因となるストレスや悩みを解消して仕事や生活の状態を整えるのが大切ですが

眠れない状態が長くなるようなら早めに病院で睡眠導入剤や安定剤をもらいましょう

薬だけにたよることなく根本的な原因がわかるまでは飲みましょう

また月経前症候群(PMS)で生理前のさまざまな症状の1つとして不眠が起こる場合低容量ピルも効きます

更年期症状での1つとして不眠がおきているならホルモン補充療法があります

不眠になりやすい人は夜ゆっくり過ごす習慣をつけましょう

夜は神経を興奮させるコーヒーはやめて仕事を控えて気持ちよく睡眠に入るために早めにベッドに入って

アロマテラピーをしたり好きな寝具い変えたりベッドでリラックスする工夫も大切です

朝太陽の光を浴びて夜の活動を控えて寝るようにしましょう

デスクワーク中心の仕事だと1日のうちほとんど太陽を見ることが無く不眠になってしまうことが多くあります

運動のためにも朝早く起きて太陽の下で歩くのが良いでしょう

また夜は昼間の緊張をひきずると上手く眠れません

夜早めにお風呂に入り入浴後すぐには眠れずゆっくりする時間の余裕をもちましょう

半身浴は体をリラックスさせて適度な疲労感もあり快眠につながります

また冷えて眠れないことがあるので毎日湯船に入りましょう

アロマオイルを湯船に数的入れるのも硬貨があります

カモマイル、セントジョーンズワート、パッションフラワー、ホップなどのお茶は眠りに導きます

カフェインのあるコーヒー、緑茶、紅茶は控えましょう

眠りを誘うものは食べ物にはレンコンがあります

腹八分目も眠りの条件です特に夕食は食べ過ぎないように注意しましょう

もちろんお酒の飲みすぎはだめで飲みすぎと寝酒は目がさえてしまいます

女性ホルモンと不安、イライラ

原因や理由のわからない不安に襲われ気力がなくなり落ち込んでうつ状態になってしまう

またイライラして物や人にあたってしまう

不安、イライラ、落ち込み、無気力などの症状はだれでも起こる症状です

どの人も疲れがたまるとうつっぽい精神状態になります

不安は神経が刺激され自分の中にむかう内向性の状態です

イライラは神経が刺激され外に向かう状態です

心の症状としてはいろいろありますが向かう方向性が違うだけで神経が不安定になっていること同じです

女性の原因として多いのが月経前症候群(PMS)によるものです

毎月生理前になると精神的に不安定になるつらいことです

また卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少すると心の症状が多く現れます

1ヶ月の生理のサイクル女性の精神状態はかなり左右されます

特に生理前にプロゲステロンの分泌が多くなる時期に心が不安定になりやすくなります

月経前症候群(PMS)や月経前気分障害(PMDD)といわれています

これを防ぐためにホルモンの分泌量をできるだけ抑えて一定にすrば良いので低容量ピルがお勧めです

卵巣機能の低下や更年期による心の症状にはホルモン補充療法が効きます

女性ホルモンで体と心を支えて不安、イライラなどを生活上の工夫で減少させましょう

低用量ピルやホルモン補充療法は効果が出るまで1ヶ月から2ヶ月かかります

軽い睡眠導入剤や安定剤で心と体を休めることが大事です

心の状態が出ているときは神経に強い刺激を与えるたばこやカフェインは控えましょう

甘いもののとりすぎにも注意が必要です

甘いものは体を疲れさせ血糖値の急激なアップダウンは精神状態をより不安定にします

ホルモンの代謝を安定させるγリノレン酸を摂取しましょう

またミルクシスル、アーティーチョーク、うこんなども女性ホルモンの代謝をスムーズにして心の症状を抑えます

不安、落ち込み、うつ、落ち込みには

カノコソウ、セントジョーンズワート、パッションフラワー、ホップなどがあります

アロマセラピーには精神状態に効果を発揮します

不安、落ち込みに効き抗うつ作用があり、イライラを抑えてくれる

アロマオイルにはクラリセージ、イランイラン、ゼラニウム

無気力にはローズマリー、ペパーミント、ローズ、フェンネル

王のハーブといわれるシソ科のハーブバジルには生の葉をかじると頭がすっきりします

体の中をすっきりさせるだけでなく抗うつ作用や混乱して落ち込みがちな気持ちを引き立てる作用があります

 

クエン酸サプリメント

女性ホルモンと物忘れ

仕事が忙しくストレスが過剰になると脳も疲れます

もの忘れは脳からの疲れた休みたいサインです

さらに脳の機能低下のもっとも受容名原因として女性ホルモンエストロゲンが大きくかかわります

エストロゲンが作用するのは卵巣、子宮、乳房などがよく知られていますがエストロゲンは

皮膚、骨、肝臓、そして脳でも働きこれらの働きの保護に大きく関係しています

エストロゲンの分泌の低下すれば脳の働きも低下します

卵巣の働きが休止して生理がなくなる更年期以降になると老化が進み記憶力が悪くなるのは

エストロゲンの分泌が極端に少なくなるからです

女性にくらべて男性の場合ホルモン分泌は緩やかに減少するので

50歳以降も女性ほど急激に脳の働きが低下することはありません

ボケも男性よりも閉経後の女性に多いものです

男女ともに老化による記憶力の低下はありますがエストロゲンの

急激な減少による脳細胞の老化は女性だけです

更年期以降でなく若い年代でも卵巣機能が低下してエストロゲンの

分泌が減れば物忘れ記憶力は低下します

もう1つは甲状腺機能の異常で甲状腺ホルモンの分泌が減少すると

記憶力低下、気力低下、新陳代謝低下などがおこります

記憶力低下はもちろんそのほかにも更年期障害に近いのぼせ、イライラ、乾燥肌などが現れたら

エストロゲンを補充する方法が有効です

20代、30代なら低容量ピルでも十分効き目があります

エストロゲンが脳を守るために有効なことは証明されていてアルツハイマーの予防にも使われます

ホルモン補充療法だけでなく日常生活で卵巣機能や脳機能を低下させない

生活習慣を取り入れることも大事です

良く噛んで食べる手足をよく動かすのは当たり前ですが意識して行うことは症状改善に重要です

硬くなり始めた関節や筋肉を動かして血行をよくすることは脳の活性化にも大事です

ストレッチやヨガなど穏やかな運動入浴も血行を促進して全身の代謝を助けます

脳を刺激する香りの作用も有効でリフレッシュし脳の働きをよくする

アロマオイルをアロマポットで嗅いでみましょう

アロマオイルを使って頭部をマッサージすると頭がすっきりします

頭だけでなく自分の手のひらで体をさすると脳の刺激になります

脳の血行をよくするためにイチョウ葉エキスが有効です

血行を促進するビタミンE、ピクノジェールの補給効果も効果があります

また脳内の伝達物質でもあるリン脂質をたくさん摂取して不足させないことも大切です

リン脂質はDHA、EPAに多く含まれています

いわしや、あじ、さばなどの青さかなは新鮮なものを食事に取り入れましょう

女性ホルモンと肌の乾燥

今までと同じ化粧品を使用しているのに肌がかさついてお化粧のノリが悪い

冬でもないのに手足が乾燥してあれる

皮膚の細胞内水分量が低下すると乾燥は起こります

むくみは水分が細胞内になく細胞の間にたまっている状態なのでむくんでいると肌は乾燥します

また肌の表皮の奥真皮部にあって保湿にかかわる

コラーゲン、ヒアルロン酸が減ると保湿効果が低下して乾燥します

コラーゲンとヒアルロン酸は水分をたっぷりと抱え込んで肌の張りと弾力のもとになっています

これらを維持しているのが女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)です

卵巣機能が低下してエストロゲンの量が減少するとコラーゲンとヒアルロン酸も少なくなります

女性の体内の状態を良くする為にエストロゲンは肌の老化を防ぐ抗酸化成分の代表です

老化は年を重ねることでなくエストロゲン量が減ることです

普段と同じ化粧品を使用しているのに肌が乾燥するのは女性ホルモンが減少しているからです

ストレスは卵巣機能を低下させ肌の乾燥を進ませます

20代、30代で卵巣機能が低下していたら低容量ピルで回復させることができます

またエストロゲンだけを補充することも可能で更年期以降卵巣機能の働きが休止して

エストロゲンが分泌されなくなると肌が乾燥しますがエストロゲンを補充してしたり

ホルモン補充療法を行うと肌がしっとり潤って肌年齢の若さを保てます

むくみをともなう乾燥の場合は細胞内に水分が行くように水分を摂取して

体を温めて代謝を高める運動や食事を工夫しましょう

肌の乾燥だけでなく下痢、食欲不振、全身倦怠感などの全身の体力低下を伴うようなら

ビタミン、ミネラル電解質の点滴をすると肌の調子も体調もよくなります

紫外線対策は必須です

最近の紫外線は想像以上に強く表皮だけでなくうるおいを保つ真皮にもダメージを与えます

1年中温度調節してくれるエアコンも肌表面にある角質層から水分を奪います

すっぴんで外に出ると肌は一度に老化乾燥します

季節にかかわらず昼は保護力のある下地に紫外線A波、B波をケアできるサンスクリーンを塗りましょう

強すぎる洗顔料は汚れだけでなく角質層のうるおいまでとってしまい肌を乾燥させてしまいます

ダブルクレンジングでメイク落しと洗顔料は分けて使いましょう

洗顔料は残さないようにしっかりすすぎましょう

生体成分、アミノ酸からできたやさしい洗顔料もあります

保湿化粧品としてもコラーゲンは優れています

肌の奥深くまで浸透しにくいですが肌表面でうるおいを持続して

真皮を刺激して肌内部のコラーゲンの産生を促します

またコラーゲンは食べても体内に取り込めます

コラーゲンは真皮や骨、軟骨、血管を構成する成分です

お肉や魚にたくさん含まれています

脂肪分を取らずにコラーゲンだけを補給したければゼラチンがお勧めです

魚を煮た後のにこごりがゼラチンで肌にも骨にもとてもよいものです

女性ホルモンと吹き出物

額や頬、小鼻、あご、首にできる吹き出物やにきび

赤い吹き出物が膿を持つ場合もあります

これらの吹き出物はできる場所により原因がことなります

肌は体の中でもっとも表面積が広く体の中の状態を表す部分です

ストレス、疲れ、悩み、食事などのせいで体調が悪くなると肌に現れます

肌に吹き出物ができて荒れているときは体の中も不調です

女性の場合お肌は卵巣、子宮の反映で女性のにきびや吹き出物は女性ホルモンと密接につながっています

思春期にきびは女性にも少しだけある男性ホルモンの活性が高いことが原因です

また女性ホルモンの分泌が安定せずアンバランスな時期であることも原因です

思春期を過ぎて20代、30代以降になればにきびは治まり肌はきれいになるのが普通です

大人になっても頬や額にできる吹き出物は女性ホルモンの分泌がアンバランスな証拠です

また排卵後から生理前にあごや口の周りにできる吹き出物はプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響です

プロゲステロンは皮脂の分泌を活発にするホルモンです

排卵後から生理前に分泌が増えるので生理前に冷えて血液の流れが悪く

胃腸の働きが低下したりすると吹き出物となって現れます

女性ホルモンのバランスがよくなると吹き出物は治まります

特に生理前までの時期にできる吹き出物は冷えや血行を良くする事が必要です

生理前にできる吹き出物は月経前症候群(PMS)の症状でもあります

低容量ピルなどで女性ホルモンが安定すると治まります

また生理の出血量が多くだらだらと長い場合には吹き出物がたくさんできる人もいます

中用量ピルを数週間だけ使うと生理が安定して吹き出物も治まりお肌がすっきりします

美肌ビタミン

ビタミンB群を中心にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは美肌にとって必須です

吹き出物ができているときは食事だけでなくサプリメントも摂取しましょう

また血液をきれいにして肌の抵抗力をつけるハーブは

ミルクシスルアーティーチョーク、うこん、ダンディライオン、イラクサ、レッドクローバーなどです

はと麦

甘いものは炎症を進めるといわれています

吹き出物がある人は甘いものを控えましょう

それだけでも吹き出物は減り肌がよくなってきます

はと麦は毒素を流してくれ吹き出物にもしみにもお勧めの穀物です

女性ホルモンとしわ、たるみ

女性ホルモンとしわ、たるみ

女性の健康を保つっている女性ホルモンエストロゲン(卵胞ホルモン)は皮膚の張りと弾力を支えている

真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸を保つ働きをしています

この女性ホルモンエストロゲンが減少すると肌の表皮にある角質層の水分量が低下して

その奥にある真皮のコラーゲンやヒアルロン酸も減少します

お肌の老化が急速に進み血行が悪くなり潤い弾力が無くなります

コラーゲンは真皮に網の目のように張り巡らされて肌の張りを維持しています

ヒアルロン酸はコラーゲンの網の目をうるめる水分を含むジェル状の成分です

これらが減少すると網の目がかたくなりカサカサで破れやすく、たるみになります

エストロゲンの減少がコラーゲンやヒアルロン酸に影響を与え肌の老化を進ませる原因になります

ストレスで肌も衰える

エストロゲンの減少は更年期以降一気に進みますが20代、30代でもストレス、疲れなどで

女性ホルモンに影響を与えるとエストロゲンの分泌が減少します

するとお肌の張りも低下します

20代、30代は肌がピンと張り、しわ、たるみはありません

肌の衰えを感じたらストレス、疲れ、体調低下の原因を取り除き女性ホルモンの状態を正常にもどしましょう

エストロゲンを安定させる

30代後半から40代は少しずつエストロゲンが減少してきます

だんだん皮膚が薄くなり筋肉も弱くなり、しわ、たるみが起こりやすい状態になります

普段から女性ホルモンの状態を安定させておくことが大事です

女性ホルモンの状態は生理が正常かどうかでわかります

規則的か出血量に変化はないか生理痛や月経前症候群(PMS)はないかなど

異常を感じたら病院に行きましょう

女性ホルモン量を血液検査で調べることもできます

低用量ピルやエストロゲン単剤補充で改善できます

更年期以降はホルモン補充療法を行うと肌の張りと潤いが甦ります

紫外線は表皮、真皮まで進入して、しわ、たるみの原因を作ります

できてしまったしわをケアする代表的な化粧品成分はレチノール(ビタミンA)です

しわ、たるみには血行を良くして肌の再生力を高めるアロママッサージが有効です

ローズヒップのオイルには瘢痕形成作用といって陥没した肌の再生を促す作用があります

ローズヒップオイルをベースにラベンダーやローズマリーのアロマオイルを入れたマッサージオイルでマッサージします

肌の材料になる良質なたんぱく質と新鮮な食材を使用したビタミン、ミネラルたっぷりの食事を食べましょう

コラーゲンはふかひれ、鶏がら、豚骨、手羽先、鶏皮、牛筋、豚足

ヒアルロン酸は牛筋、豚足、鶏の骨、うなぎ、すっぽんに多く含まれています

コラーゲンを作る材料ビタミンCとビタミンCを強化する

フラボノイド類ミネラルの亜鉛などを摂取すると良いでしょう

フラボノイド類は柑橘系に多く亜鉛は牡蠣や小麦胚芽、ごまにたくさん含まれています