女性ホルモンと冷え症

冷え

体が冷える手足が冷たい上半身がのぼせて下半身が冷えるな冷えといっても様々な症状があります

冷えは女性ホルモンが大きく関係しています

女性ホルモンのうちプロゲステロンは体温を高める働きがあります

排卵の後から生理までプロゲステロンの分泌が多いとき高温期といい月のうちで一番体温が高い時期です

プロゲステロンは受精卵を着床させて妊娠を維持するために大切なホルモンで

妊娠中はプロゲステロンが多く分泌されるために体温が0,5度ほど高くなります

ストレスなどにより卵巣機能が低下してプロゲステロンとエストロゲンの分泌がうまくいかないと

血流の調節をする自律神経も乱れてしまい血液循環が悪くなり冷えの症状が出てきます

また冷えは心臓病、腎臓病、糖尿病、甲状腺機能低下症などの病気が隠れている場合もあります

女性ホルモン

血の巡りが悪ければ冷えの自覚がなくても冷え症になる可能性があります

血行が悪いとほてりや、のぼせもおこります

ほとんどの冷えは女性ホルモンの分泌のバランスが悪く卵巣機能が低下しているためです

卵巣機能を回復させる方法には低容量ピルなどのホルモン剤を使用します

また卵巣機能の低下が酷くて無月経や生理不順などがあれば血液検査でホルモンチェックを行い

エストロゲンの補充、ホルモン補充療法などが行われます

ビタミンB群

食べ物のエネルギーを燃やして熱に変えるビタミン、ミネラルが不足すると血行が悪くなります

最近の食べものにはビタミン、ミネラルが不足しているものが多く必要な量が食事だけではとれません

冷えにはビタミンBコンプレックスやコエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンEが効きます

血行を促す効果的な方法は運動です

筋肉を動かして全身の血液を隅々まで送ることが大切です

しょうが、ねぎ、にんにく、にらなどは冷えに効く食べ物です

女性ホルモンと生理不順

生理不順

生理不順

生理のリズムはデリケートでちょとした疲れストレスなどでもすぐに不規則になります

たとえば転居、転勤、異動などの仕事の忙しさによりストレスがあると

生理周期が乱れたり生理がとまったりしやすくなります

また適度な運動や過激なダイエットも生理周期は乱れます

卵巣で排卵を起こして生理の指令を出すのは脳の視床下部、下垂体ですが

ホルモンの分泌を促す中枢の役割だけでなく感情や自律神経の中枢としても機能しています

ストレスなどで脳がダメージを受けるとホルモンの分泌にも影響が出てきます

脳からの指令が上手くいかないと卵巣の機能が低下して正常に排卵が起こらない可能性があります

正常な排卵が起こらないと生理周期も乱れます

生理不順の原因は脳からの指令の乱れによる排卵機能の低下です

生理の周期や期間は人により様々で毎月同じように一定してはいません

多少生理周期にバラツキがあっても心配ありません

目安として生理周期は25日から38日です

生理初日から次の生理が始まる前日までの日数です

体調やストレスにも左右されるので6日以内の変動は正常範囲になります

生理で出血する期間は3日から7日くらいが平均です

ストレスや疲れなどで生理の周期が乱れてもストレスが解消すれば元に戻り安定することが多くあります

たとえ生理周期が一定していなくとも25日から60日以内なら定期的に生理がきていて体調が悪くなければ

排卵がきちんと起こっている証拠なので問題はありません

無用な排卵を繰り返すのは排卵のう腫などの病気の危険を高めます

60日以内に定期的に排卵があれば心配はありません

またすぐに妊娠を望んでいる人は排卵回数が少なく

妊娠チャンスが少ないので排卵誘発剤などの治療もあります

無月経

問題は60日以上生理期間が開いて排卵が起こらない場合です

そうなると生理がこなくなる無月経になってしまうケースが多くあります

生理が長期間来ないことは卵巣の機能の低下で排卵が起こっていません

脳の視床下部からの指令も乱れ女性ホルモンの分泌も低下しています

卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少すると生理不順というだけでなく

疲れやすい、冷える、肌があれる精神的に不安になるなど体調が悪くなり体の機能に悪い影響があります

60日以上生理が来なかったらすぐに婦人科の受診が必要です

放置する期間が長くなると治療にも時間がかかります

無月経の多くは強いストレス過激な運動、無理なダイエットによっておこるものですが

下垂体や甲状腺、卵巣の病気などの場合もあります

無月経は放置しても良くなりません

ホルモン分泌や卵巣機能を回復させるために低容量ピルなどを使用した治療が必要です

30代や40代で前半で卵巣が老化して卵巣機能が低下して閉経と同じような状態になる場合もあります

女性ホルモンの分泌が減少しているのでホルモン補充療法などが行われます

頻発月経

反対に生理周期が短く次の生理が来るまでの感覚が

24日以内の短い周期で生理が繰り返す頻発性月経もあります

思春期や更年期などでホルモンバランスが不安定な時期に起こります

更年期に起こる頻発月経は生理的なもので貧血が無い場合は問題ありません

それ以外の頻発性月経は原因がわからない場合が多く

20代や30代で頻発月経が2ヶ月以上持続したら病院で検査をしましょう

卵巣機能を止め生理不順を起こすような無理なダイエットは危険です

食事

ダイエットの時にはエネルギーを燃焼する

ビタミンB群、血行をよくするビタミンEを豊富に含んだ食事が必要です

ビタミンB群、ビタミンEを摂取していれば卵巣機能の低下を抑えることができます

玄米や小麦胚芽や黒いパンや色の濃い目の野菜の摂取がよいでしょう

またダイエットでは完全なオイル抜きは体に悪く適度に脂肪がないと

脳の働きが低下して卵巣の機能も低下します

オイルは質の良い植物性のオリーブオイルやごま油がよいでしょう

ストレスは脳から伝わり卵巣に影響を与えます

アロマオイル

リラックスでき脳に直接働きホルモンバランスを整えるアロマオイルで入浴やマッサージがお勧めです

フェンネル、クラリセージ、ゼラニウムは特によくてベースオイルを作って

下腹部を中心に全身にオイルを十分すり込みます

精神的な緊張にはイランイランが効果があります

 

女性ホルモンと月経困難症

生理痛

生理中におなかの張りや重苦しさを多少感じるぐらいならだれでもありますが

中には痛みがひどく寝込んだり鎮痛剤を飲まないと仕事や日常生活に支障が出る人もいます

このような感じになると月経困難症です

月経困難症の痛みは生理開始と同時あるいは前日から始まる場合もあり1日から2日で治まる人から

月経期間中ずっと痛む人までさまざまです

ある時期から突然痛むようになる人は子宮内膜症や子宮筋腫などの可能性があります

また特に病気でなくても不規則な生活や

冷え、慢性疲労、ストレスなどの全身の体調不良が原因のときもあります

鎮痛剤

鎮痛剤を飲むと癖になる体に悪いからといって飲まない人もいますが

それではストレスになり心身に良くない影響がでてきます

痛みの物資が体内に大量に出てしまうと痛みが長引き鎮痛剤も効きが悪くなります

決められた量を適切に飲む程度なら習慣性にもなりません

鎮痛剤を飲むような痛みのある人や決められた量を飲んでも効かない人は婦人科を受診しましょう

生理のときの痛みがひどい場合子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が悪化する場合もあります

低用量ピル

低用量ピルは子宮内膜を厚くするの抑制して生理の出血量を少なくする働きがあります

出血量が少なければ生理のときの子宮の収縮を少ないので痛みも軽くなります

子宮内膜症や子宮筋腫の人も出血量と痛みを減少させる目的で使用するのは可能です

子宮体がんなどの予防をして将来の不妊を防ぐ効果もあります

食べ物

生理のときは体が疲れやすく甘いものがほしくなりますが

甘いものを食べるとビタミン、ミネラルが無くなり体が疲れやすくなります

黒砂糖やドライフルーツやプルーンは便秘解消に役立ちナツメは冷えの予防に役立ちます

その他ピクノジェール、ブラックコホシュ、チェストツリーはうっ血を除去して炎症を治めます

生理中でも特にストレスからくる痛みにはおいしく飲みやすいハーブティーのフィーバーフューが

頭痛などの痛みの緩和に役立ちます

また子宮収縮などの痛みにはラズベリーリーフやスカルキャップなどのハーブティーが有効です

痛み温シップ、カイロ

痛い部分に温シップ、カイロで暖めると痛みの緩和に有効です

お腹が痛い場合お臍の下か恥骨の部分を暖めます

またお尻の真ん中にある仙骨を暖めるのも良く効きます

シップにアロマオイルをたらすと効果的で痛みを緩和するラベンダーなどや

引きつる感じの痛みにはクラリセージが効果的です

外出するときに腰や恥骨の部分にカイロなどを張って出かけるとよいでしょう

 

ピクノジェノールサプリメント

フルミーエクオールフルミー


通常価格:7480円
初回価格:2980円
通常送料無料
60%OFF
【フルミーエクオール】

フランス海岸ピクノジェノール

ピクノジェノールとは、フランス海岸松樹皮抽出物です

16世紀1535年フランスの探検隊ジャック・カルティエ率いる探検隊が

壊血病にかかった時、現地のインディアンに松の樹皮を教えられ

助かったという記録がピクノジェノール発見のきっかけです。

壊血病はビタミンCの欠乏により起こる病気で無力症、出血、貧血、口腔粘膜の変化が特徴です

フランス海岸松の松の樹皮抽出物の発見は400年後の1950年代です

ジャック・マスケリュ教授がケベック大学の客員教授をしていたとき

くるみの殻に含まれているフラボノイドの研究を行いフランスに帰国してからも研究を行いました

フラボノイドを求めて多くの植物を研究したところ

この記録を知りその後フランス海岸松の抽出物を発見しました

探検家ジャック・カルティエはカナダを探検して航海と探険に明け暮れていたとき

船員110人のうち25人を壊血病で失い残る85人も50人も瀕死の重傷でいたところ

ケベックインディアンからアネダという松の樹皮を煎じたお茶を与えられ重傷者も回復した記録が残っています

古くはカナダケベック地方のインディアンたちが生きる知恵として

そこに生育する松の樹皮を薬として使用していたと記録があります

フラボノイドはほとんどの植物に含まれ太陽光線の遮光剤として使用され遺伝子を保護する物質です

人間の体に入ると毛細血管や赤血球、細胞を保護して活性酸素を除去します

やがてジャック・マスケリュ教授がフランス南西部のボルドー地方とピレネー山脈の間の大西洋沿岸に

生息する海岸松の樹皮に生体に有効なフラボノイドが大量に含まれていることを発見しました

またこれが歴史に残るアネダという松の樹皮成分に似ていることを突き止めました

フランス海岸松の樹皮は生理活性を発揮するプロアントシアニジンをはじめとする

40種類以上の有機酸を含む特殊なフラボノイド特性をもった

低分子の抗酸化物質であるポリフェノールをもっています

過去30年世界各国の科学者の研究によりピクノジェノールの

化学構造式、効果、無毒性が研究されています

ピクノジェノールビタミン

ピクノジェノール効能

このような症状の改善や治療の効果が確認されています

ピクノジェノールの効能のうち効果が高いのが抗酸化作用です

その抗酸化力はビタミンEの170倍、ビタミンCの340倍の力と言われています。

海外では早くから強力な活性酸素撃退物質として注目されています

ビタミンCはビタミンEは生理活性を上げて抗酸化物質として体内の血管を守り皮膚の損傷、各種炎症

その他の活性酸素によるダメージから細胞を守る働きをするということが証明されています

ピクノジェノールは高い抗酸化機能がある得意なフラボノイドに属してビタミンEやビタミンC

そしてコラーゲンの増強剤になるといわれています

ピクノジェノールの高い抗酸化作用とビタミンEやビタミンCの抗酸化作用の相乗効果で

さらに高い抗酸化作用を発揮します

さらに臨床結果により抗酸化物質は老化を予防してガン、心臓病、血栓などの生活習慣病の

危険性を下げて関節炎、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー体質の改善にも役立ちます

フランスでは糖尿病性網膜症の医薬品として認可されています

米国では心臓発作や脳卒中の原因となる血栓を抑制する作用

子供のADHD(注意欠如・多動性障害)の改善作用が認められ特許承認されています

ピクノジェノールの抗酸化作用はビタミンEの170倍、ビタミンCの340倍

ピクノジェノールの効果の中で最も有名なのは抗酸化作用です

ピクノジェノールは強力な抗酸化物質であらゆる種類の活性酸素を抑制する効果があります

ピクノジェノールは強力な抗酸化物質であらゆる種類の活性酸素(フリーラジカル)を不活性することで

ストレスが原因になっておこる血小板の凝集を防ぎます

その働きで心臓病や脳卒中の原因を取り除き発症を防ぎます

人間は生きていくために酸素が必要です

呼吸により体の中に取り込まれた酸素は体の隅々まで運ばれますが3パーセントぐらいが

体の中で化学反応を起こして毒性を持つ活性酸素に変化します

この物質が体内を酸化させて病気の原因につながります

活性酸素ができる原因は大気汚染、食品添加物、化学薬品、太陽光線、紫外線

家電、電気製品の電磁波、激しい運動、喫煙、ストレス、病気の治療で使用する薬などがあります

人間の体には活性酸素を除去してくれる

スーパーオキサイドディスムターゼ(SOD酵素)という酵素をもっています

しかし生活環境などで活性酸素を大量に発生させる場合この体内のシステムだけでは除去できません

そこで体を錆びにくくする抗酸化物質が必要です

それにはスカベンジャーと呼ばれる抗酸化物質を含む食べ物を食べることが効果的です

具体的にはビタミンE、ビタミンC、βカロチンなどのビタミン類や良質のたんぱく質

セレン、銅、マンガン、マグネシウムなどのミネラル類を多く含む食品を食べることです

体内の中で強力なスカベンジャーとして働いているのはSOD酵素はたんぱく質からできており

ミネラルもその働きを助ける大切な役割があります

このほかに強力なスカベンジャーとして働くのがフラボノイドです

フラボノイドは蕎麦、野菜、大豆、ワインなどに多く含まれお茶などに含まれているカテキンにも入っています

ピクノジェノールは強力な活性酸素除去物質でその効力はビタミンEの170倍、ビタミンCの340倍あります

ピクノジェノールの主な成分はポリフェノールの中のフラボノイド類に属して

プロアントシアジン、カテキン、エピカテキンなどのポリフェノールや有機酸を40種類以上含まれる物質です

また100パーセント水溶性で体内に速やかに吸収されます

ピクノジェノールのアスピリンを超える血小板凝集抑制作用

ピクノジェノールの著名な研究者はドイツミュンスター大学のピーターロドワルド博士です

鎮痛剤や糖質コルチコイドの研究で有名です

ロドワルド博士は血小板凝集を抑制して血液をさらさらにする物質として

アスピリンを超えるすばらしいものと言っています

アスピリンは解熱、鎮痛に使う白色の粉末で学名アセチルサリチル酸の商品名で

ドイツや欧米ではもっとも多く使用される鎮痛剤です

また20世紀の後半アスピリンは心臓発作の予防と軽減によいとされ

数100万の患者が毎日アスピリンを使用してます

ピーターロドワルド博士とアリゾナ大学のR、Rワトソン博士との

共同研究でアスピリンとピクノジェノールの比較研究が行われました

そしてピクノジェノールの有効性が認められ1998年米国で特許を取得しています

アスピリンはいまでも数百万の人が病気の原因で

危険因子である血小板凝集を調節するために飲んでいます

しかしアスピリンはない出血をおこす副作用があります

鼻血、皮下出血といった不快な出血のほか胃潰瘍などには胃の出血を起こすこともあります

また心臓疾患患者ではACE阻害剤を飲んでいる人もいますが

アスピリンはその効果を減少させるので心臓疾患患者には危険な薬になります

ピクノジェノールは血小板凝集は抑えますがアスピリンのような副作用はありません

ピクノジェノールには循環機能血や管保護作用や心臓機能保護作用があります

ACE阻害剤の作用に影響を与えることはありません

臨床検査ではピクノジェノール100mgの投与で出血時間を長引かせることなく血液凝固が減少しています

アスピリンでは同程度の血液凝固を得るのに500mgの投与が必要でした

ピクノジェノールは飲む化粧品

ピクノジェノールは飲む化粧品

海外ではピクノジェノールは皮膚を紫外線から守る抗酸化物質として有名で

オーラルコスメティック(飲む化粧品)として人気があります

飲むことで体内から毛細血管を通じて皮膚の表皮、真皮の組織、細胞に働きかけ

皮膚の表皮を紫外線から守ります

ピクノジェノールはビタミンC、ビタミンEとの相乗効果や活性酸素除去効果

細胞への弾力性強化、増量効果があるといわれています

これらの効果により皮膚の老化を防ぎ、紫外線によるシミ、そばかす、しわを防ぎ

美しく健康な肌を保つ効果が期待できます

体内の活性酸素を除去する抗酸化ビタミンとしてなくてはならないのがビタミンC、ビタミンEです

ビタミンCは壊れたコラーゲンの修復をしてビタミンEは毛細血管を強化して

血流を活性化させ皮膚の栄養素に必要な酸素を供給します

紫外線により発生した活性酸素を安定させ皮膚に発生した活性酸素を除去します

ピクノジェノールは皮膚の主成分であるコラーゲンやエラスチンというたんぱく質と結合することで

損傷をうけたコラーゲンやエラスチンを活性化させる効果があります

悪玉の活性酸素や分解酵素、エラスターゼやコラゲナーゼによる攻撃から

コラーゲンやエラスチンを保護して繊維を強化して増量して弾力をもたせます

これらのことは米国のベイラー医学校の実験により証明されています

ピクノジェノールは登録商標

ピクノジェノールはフォーファー・リサーチ社の登録商標で米国の特許により保護されています

フォーファー・リサーチ社が開発したフランス海岸松の樹皮から抽出されたものだけが

ピクノジェノールの商品名をつけることができます

フランス海岸松の樹皮から抽出されたものであるピクノジェノールは

100パーセント天然の水溶性成分で人体に速やかに吸収されることが証明されています

 

強力な抗酸化作用

抗炎症作用

末梢血管拡張作用

血小板凝集阻止作用

結合組織の補強作用

ビタミンCの体内作用に対する増強作用

老人の脳血流障害の改善

血栓予防

動脈硬化症による抹消血流障害の改善

AHDH(注意欠如多動性障害)の改善

慢性疲労症候群

美肌効果

足のむくみ

アレルギー性疾患の改善

糖尿病性網膜症

不眠の改善

こむら返りの治療

インフルエンザの予防