女性ホルモンと便秘、下痢

腸の働きと女性ホルモンは密接に関係しています

排卵から生理までの期間プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えると

腸の善導運動が弱くなり腸管筋肉が弱くなり便秘しやすくなります

妊娠すると便秘をしやすくなるのは妊娠期間中はこのプロゲステロンが大量に分泌されるからです

その後生理が始まりプロスタグランジンが放出されると腸の運動も正常になります

この生理が始まりプロスタグランジンが増える時期に生理痛などを起こして

腸が刺激され急に働くようになると逆に下痢になりやすくなります

また40代などで更年期に似た症状が出るようになったり30代以下でも卵巣機能が低下していると

骨盤内の血液循環が悪くなり胃腸の機能が低下することも考えられます

便秘や下痢を繰り返す症状が長く持続する場合は病院で検査をしましょう

個人差はありますが1日に1回便通があるのが基本です

1週間に1回では体や肌にもよくありません

毎日快便になったり体の調子もよくお腹の張り、肩こり、頭痛、腰痛などは運動をすれば良くなります

お通じは自分にあう漢方薬がよく効きます

低容量ピルが効くこともあります

ピルで女性ホルモンを安定させるとそのほかの症状とともに便通も正常になります

γリノレン酸とビタミンC

生理前のプロゲステロン期は腸の働きが悪くなり便秘しがちになります

ホルモンバランスを整えるγリノレン酸を補給しましょう

またビタミンCも便を緩めます

毒素を取り除き便を緩める作用があるハーブティーもあります

マロウ、バラ、ペパーミント、カモマイル、フェンネル、しょうが

ローズヒップもビタミンCを多く含み便通にはお勧めです

女性ホルモンと関節の痛み

整形外科的な関節炎でないことが確認できている場合はほとんどが更年期障害で起こる症状です

更年期になる前の40代前半以下の人がこのような症状を起こすのは卵巣機能の低下で

女性ホルモンの分泌が少なくなっている証拠です

注意が必要なのは同じ症状が出る病気にリウマチ、膠原病の1種があります

症状が1週間持続するようなら婦人科や内分泌系の専門医に相談しましょう

女性ホルモンの分泌が低下していることが原因の関節痛には低容量ピルが良く効きます

低容量ピルにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がバランスよく含まれ

体内で足りなくなったホルモン量を正常に戻します

低容量ピルのホルモン量では多すぎる50代以上にはエストロゲンを補充したり

ホルモン補充療法を行います

女性ホルモンの補充をして痛みが軽くなったら軽い運動やストレッチで関節や骨を動かすように心がけましょう

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の多い食品をとりましょう

パセリ、クレソン、ハーブのイラクサなどもミネラルが多く含まれ海藻類にも多く含まれています

半身浴や足湯などの入浴を習慣にして汗をかき老廃物を出して新陳代謝を高める

卵巣機能のためにも大事です

しょうがは体を温め汗をだして痛みをとる作用があります

漢方薬にも良く使われ薬効は昔から知られています

女性ホルモンとめまい、耳なり

立ちくらみのような軽いめまいからぐるぐる目が回るめまいなど

めまいと耳鳴りが同時におこって平衡感覚を保てなくなる人もいます

耳の奥にある三半規管は体の平衡感覚を保つ機能があります

血液や体液の循環が悪くなるとこの三半規管に影響を及ぼしてめまいや耳鳴りがが出てきます

まめい、耳鳴りの症状を伴う病気にはメニエール病、中耳炎、顔面神経麻痺、うつ病などもあり

耳鼻科や精神科、心療内科などで検査が必要です

異常が無い場合はストレス性による女性ホルモンのバランスの乱れが原因です

月経前症候群(PMS)や更年期症状でもめまいや耳鳴りが出ます

ホルモンバランスの乱れや月経前症候群が原因の場合は

血流をよくする循環改善剤や精神安定剤や漢方薬などを処方します

女性ホルモンが足りない人には低容量ピルやホルモン剤を処方します

女性ホルモン不足でめまい耳鳴りを起こしている場合は改善するまで時間がかかりますが

ホルモン剤が安定してくると少しずつ良くなります

過労ストレス睡眠不足の人ほど状態が悪くなり体の変調に従い

仕事や生活のリズムを調節することが大事です

また精神的なことがあると症状が良くならないことがあります

脳への血流量を増やすイチョウはめまいや耳鳴りに有効です

また強心薬として中国や西洋で使用される西洋サンザシもお勧めです

血行促進するビタミンEやピクノジェールもめまいに良いと言われています

女性ホルモンと貧血

駅の階段などで息切れなど疲れやすく風邪をひきやすい肌の調子が悪い目の下のくまができやすい

頭がくらくらするなどの症状は貧血です

若い女性は生理の出血が多いのが貧血の原因となっていることがほとんどです

血液は全身を流れて体温を保ち血液と一緒に酸素を運びます

貧血の程度は血液中のヘモグロビン値で判断しますが貧血だと

血液濃度が薄いために酸素を十分体内に巡らすことができません

体内が酸素不足で酸欠状態が長くなると心臓に負担がかかり

心不全、心臓肥大などの重大な病気を引き起こします

貧血はすぐに治療が必要で子宮内膜症、子宮筋腫などが生理時に出血を増やしていることも考えられます

胃潰瘍や痔による貧血も考えられます

成人女性のヘモグロビンの正常値は12から16g/dlです

1回の生理でヘモグロビンが10g/dl以下に落ちる人もいます

駅の階段を上るだけで息切れをしたりくらくらします

風邪をひきやすく疲れやすくなります

このような場合は病院に受診することが大切です

貧血は気がつかないことも多く生理の出血量が多かったり、息切れ、ふらつき、疲れ、風邪をひきやすい

肌のくすみ、乾燥などの症状がある場合は血液検査が必要です

子宮内膜症や子宮筋腫が原因で貧血になっている場合は医師との相談が必要です

貧血は鉄剤を飲むことでかなり良くなります

鉄分が体に十分行き渡り貧血状態が改善すると驚くほど体調がよくなり息切れ疲れがなくなります

子宮内膜症や子宮筋腫の治療には出血を少なくするために低容量ピルを処方することがあります

ダナゾール、GnRHアナログなどのホルモン剤で卵巣機能を低下させ

卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)量を抑える方法もあります

エストロゲン量を抑えて生理を止めて子宮筋腫や子宮内膜症が進まないようにします

ただし長期間使用すると骨量低下などの副作用があります

低用量ピルは作用が穏やかで長期間使用できます

ビタミンB群、ビタミンC、鉄分補給

ビタミンB群の1つの葉酸の欠乏で貧血になる場合もあります

貧血がわかったらビタミンB群を補給しましょう

また鉄の欠乏症による貧血には鉄分の補給が必要です

鉄はビタミンCがないと吸収できないので鉄と一緒にビタミンCも摂取しましょう

鉄は体内でリサイクルされるミネラルなので必要な量だけでだいじょうぶです

鉄を含む食材

イラクサやパセリやクレソンには豊富な鉄分が含まれています

金針菜にも鉄分が豊富に含まれホウレン草の20倍の鉄分があります

ミネラルを含む海藻、ひじきも鉄分補給に最適です

ひじきは色を黒くするために鉄の釜でたくので素材と鉄分が含まれています

女性ホルモンと静脈瘤

足の付け根やひざの裏側の血管が浮き出てもどらない足がだるくて痛み下半身がむくみやすい

すぐに冷えてしまう妊娠をきっかけにできる人もいます

心臓から送り出される血液は動脈を通過して抹消血管までいくと今度は静脈を通過して心臓に戻り

また新しい血液になり送り出されます

心臓はポンプの役目で圧力をかけて血液を押し出して弾力のある血管が収縮して

さらに体のすみずみまで血液を行き渡らせます

血液は静脈を通過して心臓に戻るときに押し出すポンプがなくて自然の力で戻すしかありません

そのために静脈内の血液は少しのことで溜まりやすくなります

静脈には血液が逆流しないように弁がついているので血液が滞ると腫れて皮膚が盛り上り静脈瘤になります

特に静脈瘤は妊娠中にできることが多くあります

妊娠して子宮に赤ちゃんがいると重たい子宮が骨盤の底にある足の付け根に乗ります

その重さが脚から心臓に向かって戻ろうとする静脈内の血流を阻害してしまうために

脚の付け根や膝の裏側の弁に血液が滞り静脈瘤になります

また年齢で血管も弱くなり血管の壁も弱くなります

そのために静脈瘤ができるケースがあります

血行が悪い血管が弱い体質的にできやすい人もいます

静脈瘤は1度できると自然に治ることはありません

静脈瘤ができると脚がむくんだり痛んだり、だるくなるなどの症状がでます

脚の血行が悪くなると脚を高く上げて寝たり日中も脚をいすに乗せたりすることも大事です

弾性ストッキングを履いて血行をよくする運動や太り過ぎないように努力するなどが必要です

下半身の血行が悪くて、冷え、むくみを感じる人は妊娠してから年をとった時に

静脈瘤になる可能性があるので下半身の血液が滞らない工夫が大切です

酷くなった静脈瘤は外科的治療もできます

外科や美容整形などで相談して膨らんだ血管をつぶしたり静脈の弁を取り除く手術を行うこともできます

脚専用ローション

静脈瘤が膨れて盛り上っている場合や痛みがある場合は水で絞ったタオルで冷湿布で炎症が治まります

静脈瘤が酷く破れそうなほど腫れている場合はマッサージしたり乱暴に触るのはだめです

イチョウ葉やマロニエ、コンフリーなどの植物エキスが入った脚専用ローションを塗ります

血管を強くして収斂効果があります

マロニエのエキスは種の抽出液でヨーロッパでボディー用やフェイシャル化粧品によく使用されています

またコンフリーの根に含まれているアラントレインには痛んだ筋肉や骨の再生を早める効果があります

アロマオイルでマッサージオイルを作り静脈にやさしく塗ります

静脈瘤にはサイプレス、レモンパチュリーなどがあります

また納豆に含まれる納豆キナーゼには血栓症を防ぐ働きがあり静脈瘤の予防になります

 

女性ホルモンと太りやすい、やせやすい

食べる量が変わっていないのに太ったと悩む人が多くいます

食欲の中枢は脳のホルモンの司令塔にあります

女性ホルモンの低下に連動して精神状態も変化して代謝も変化します

1ヶ月の生理周期の中で排卵から生理前までのプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌される黄体期は

水分の代謝が落ちやすくむくんだり便秘しやすく精神的に

不安定になりいらいらして過食になりやすい時期です

反対にイチョウの調子が悪くなり食欲がなくなったり下痢気味になりやせる人もいます

40歳を過ぎると女性ホルモンが徐々に低下してきます

そうなると代謝も低下して脂肪をためこみやすく今までと同じ生活をしていても体重が増えます

女性ホルモンが体重の増減にも大きくかかわります

やせやすい、太りやすいと感じている人で気をつけるのは甲状腺の病気です

汗をかきやすい、指先が震える、すぐに疲れる、いらいらするなどの症状があり

食べているのに痩せてきたらバセドウ病などの甲状腺機能亢進症の疑いがあります

逆に冷える肌がかさかさになる便秘がち筋肉がつる、意欲低下などの症状があって

食べていないのにすぐに太る人は橋本病などの甲状腺機能低下症である可能性があります

甲状腺の病気は女性に多い病気です

甲状腺ホルモン異常は血液検査ですぐにわかります

毎月のホルモンの変動により多少体重が変化するのはしかたありません

基礎代謝の傾向は人とそれぞれ体質があります

太りやすい人、やせやすい人自分の体質に合った生活の工夫をすると改善されます

月経前症候群で過食になる人には低用量ピルでホルモン状態を安定させると改善できます

更年期で女性ホルモンの分泌が少なくなると代謝が低下して太りやすくなります

女性ホルモンの分泌が少ないと体重の増減に影響します

ホルモンバランスを整えるサプリメントで女性ホルモンを補いましょう

γリノレン酸はホルモン代謝をスムーズにしてくれます

またホルモンの代謝を安定させるハーブサプリメントもあります

チェストツリー、ブラックコホッシュ、うこんなど

太りやすい人は過食を抑えるためにいらいらを抑えるハーブもお勧めです

カノコソウやパッションフラワーなどがあります

脂肪や炭水化物を燃やすビタミンB群を中心に抗酸化ビタミンを摂取するのもお勧めです

痩せやすい人

胃腸が弱いので無理して食べず食事はゆっくり食べましょう

腸を丈夫にする乳酸菌を摂取しましょう

ハーブティーのカモマイルは胃を守る働きがありローレルのお茶には

消化吸収を助ける働きがあるので食事中に飲むと効果的です

女性ホルモンと目の疲れ、ドライアイ

目が疲れる涙が出る痛くてつらい酷くなると頭の奥まで

痛む目が乾く瞼が張り付くなどのドライアイの症状に悩む人が増えています

目の疲れ、目の乾きは卵巣機能の衰え女性ホルモンが低下することで起こりやすい症状です

更年期に良く現れる症状です

長時間のパソコン作業や会社でのストレスエアコンの影響などもありますが女性の場合は

体調を保つのと同様に瞳の潤いを保つのはエストロゲンなどの女性ホルモンです

この抗酸化成分エストロゲンが減少すると目は疲れてドライアイになります

目が疲れて涙が出るのは実は目が乾いていてドライアイの症状と同じです

ほかにも冷え、いらいら、ほてりなどの更年期症状のような

体調不良が出たら原因は女性ホルモンの減少です

ほかにもかすみ目や目の調節機能の低下なども女性ホルモンの低下の症状です

目の疲れドライアイにはストレスをためないことが大切です

ほかにも不調症状がたくさんでていたら女性ホルモンのバランスを整えるために

低容量ピルやホルモン補充療法で改善することがあります

ほかにもホルモン活性を高めるサプリメントで補うのもお勧めです

目には色素を補う栄養素が有効でブルーベリー成分やカロチンなどが含まれているのがお勧めです

目の温冷湿布も効きます

熱めの蒸しタオルをかために絞り目に当てて少し圧迫しながら目を温めます

しばらくしたら冷タオルで作った冷湿布を当てます

温湿布と冷湿布を交互に当てると血行が良くなります

温布タオルを作る際にラベンダーの精油を落とすとリラックスできます

さらに形や首には熱いタオルを当てましょう

肝臓に効く

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB郡やコエンザイムQ10は女性ホルモンのバランスを整えてくれます

また漢方ではイライラするとき肝臓が悪くて肝臓は目に繋がり

肝臓の血をきれいにして目の毛細血管に運びます

肝臓に効くアーティーチョーク、うこんなどのハーブを摂取しましょう

植物性の色素は目に役立つものがあります

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは目の疲れをとり目の働きを高めます

ブルーベリーの果実、ジュース、お茶などでとりましょう

青色の矢車菊のお茶も目に効きます

菊の花やカレンドラの花などもカロチノイドも目にいいのでお勧めです

乾き物のクコの実は血液をきれいにして目の疲れをとります

そのまま食べてもいいし食事に加えてもよいでしょう

女性ホルモンとおりもの

おりもの

膣に限らず人の粘膜は粘液を分泌しています

膣内に普段いるのは腸内に存在する乳酸菌と同じで

強い酸性でほかの菌が体内に侵入してくるのを防ぐ役割があります

膣から分泌されるおりものは天然の殺菌のある分泌物です

膣はいろいろな菌が紛れ込みやすい部分で外部から進入する菌を

膣内の分泌物で殺菌しておりものとなり排出します

また排卵期、生理前など女性ホルモンの周期により子宮頸部の頸管粘液がたくさん分泌され

おりものが増える時期があります

おりものの量は多めの人少ない人がいて個人差があります

また体調により変化して変わります

通常の無色透明、無臭のおりものや薄いクリーム色のおりものなら自然なもので問題ありません

生理周期や体調により量の変化がありますが多少増えても問題ありません

おりものを気にして携帯用ビデなどで膣内を洗いすぎると天然の殺菌クリームを洗い流してしまいます

自浄作用が弱くなりかえって逆の効果になります

ウォシュレットぐらいなら良いですが清潔にするにはぬるめのシャワーで手を使って軽く洗い流すぐらいで十分です

下着が汚れるからとおりものシートを使用する人がいますがおりものが多いときは肌も敏感になっています

おりものシートですれて、かぶれることもあります

きついガードルやジーンズで締め付けるのも炎症を起こす原因になるので良くはありません

カンジタ菌

注意が必要なのは嫌な臭いがしたり黄色や緑や茶色っぽい色のついたおりものです

体内の抵抗力が落ちて膣内の環境を守れず炎症を起こしている可能性があります

よくあるのは生理前の抵抗力が落ちたとき抗生物質を使用した後免疫力が低下して

カンジタ菌や大腸菌が繁殖する場合です

ひどくなる前に病院で治療をすれば簡単に良くなります

アロマオイルのティートリーには抗菌、抗真菌作用があります

お湯に1滴たらしてお風呂で洗浄すればカンジタ菌に効果があります

また感染症でおりものが増える可能性もあります

性感染症をそのままにしておくと腹膜炎になったり将来、不妊の原因になるなどのトラブルになります

菌の感染源がないのに治療してもカンジタ菌の炎症を繰り返す人がいます

それは抵抗力が弱くなっている証拠です

睡眠時間を十分確保して体を修復する栄養を摂取することが大事です

食事

体を温めて抵抗力を高める、蜂蜜、しょうがなどがお勧めです

菌に対する抵抗力をつけるプロポリスやエキナセア

ポリフェノールを豊富に含んだピクノジェノールなどがお勧めです

女性ホルモンと月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)

お腹や乳房の張り、むくみ眠気、便秘、下痢、頭痛、腹痛、腰痛、吐き気、吹き出物などの症状がでます

心にはイライラ、怒りっぽい、興奮しやすい、落ち込み生理前の2週間で起こります

生理が始まってから排卵まで女性ホルモンエストロゲンが多く分泌されます

月のうちこの時期はお肌の状態もよくなります

一方排卵から次の生理が始まる期間は女性ホルモンプロゲステロンの分泌量が増えるために

体温が高くなり体調を悪くしやすい時期になります

この排卵から次の生理が始まるまでの約2週間にさまざまな体の症状や心の症状が現れます

たとえば生理前になるとイライラして小さなことで八つ当たりしたりしますが

生理が始まると症状が良くなり自己嫌悪になる人もいます

こういった生理前の症状は程度の差はありますがほとんどの女性に起こります

仕事や家事に支障が出る人たちもいて月経前症候群という病気になります

女性ホルモンの変動

PMSの人は毎月生理前に心と体のバランスが崩れて落ち込むなどの症状がでますが

PMS女性ホルモンの変化によりおこる病気です

PMSは仕事や人間関係などで強いストレスを感じると症状が強く出ます

またくよくよするタイプの人は症状を強く感じることもあります

生理開始から排卵までのエストロゲンの分泌が多い時期は元気でストレスにも強いですが

排卵後から次の生理前までエストロゲンの分泌が減少する時期には心と体に変化があります

PMSの対策には生理前の時期には無理な仕事や我慢しないことが大切です

低容量ピル

低容量ピルも排卵を抑えて女性ホルモンの分泌を一定にしてくれるので

PMSの症状を軽くして体調を整えるのに役立ちます

また当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散などの漢方薬も症状を改善する効果があります

γリノレン酸

γリノレン酸の摂取が少ない人はPMSの症状が重いと言われています

ヨーロッパではPMSの症状のひどい人ほど体内のγリノレン酸が少ないことが知られていて

γリノレン酸とビタミンB6の補給はPMSの症状の緩和に役立つことが知られています

1日500mg以上の摂取すると効果が出てきます

月経周期の後半にサプリを毎月飲むと不快な症状に良く効きます

食事

精製していない穀物類にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています

玄米、あわ、ひえ、きび、黒米、赤米、麦、発芽玄米などを食べると

月経前症候群の体調不良のときに緩やかに吸収でき気分も安定させてくれます

女性ホルモンと腹痛

腹痛

夜眠れないほど痛みが強いとなで腹痛の症状はさまざまです

子宮筋腫、子宮内膜症などの病気が発見される場合もありますが

ほとんどは超音波やMRI、CTなどで検査をしても以上が見つからないのが腹痛の特徴です

検査をしても何も異常が無い場合生理的な骨盤痛が考えられます

女性の骨盤内は腸や膀胱などの臓器や子宮、卵巣などたくさんの臓器があります

血液の循環が悪くなりやすく血液がうっ血しやすい構造です

ホルモンの働きで便秘や下痢を起こしたり筋肉が緊張してかたくなったりするだけで腹部が痛みます

生理的なものなので治れば問題はありません

検査で以上が無い場合も痛む場合は鎮痛剤を飲みましょう

痛みは我慢しているとどんどん強くなります

痛む前に鎮痛剤を飲むと痛みも弱くなります

低容量ピルも女性ホルモンを整えることで骨盤内のうっ血がとれて

痛みが無くなり体調が回復する場合もあります

症状が出るときは体が疲れているので痛みが少ないときはストレス解消、気分転換、体力増強のために

ウォーキングや駅まで歩くなどの運動を心がけると良いでしょう

水の飲みすぎ

ミネラルウォーターを持ち歩く人もいますが血液をさらさらにするために水分補給は大事です

ただし飲みすぎは胃酸を薄めて消化を悪くします

また食事中も水で食べ物を流し込まないことで腹痛、胃痛、便秘を防げます